SHARE THIS PAGE

ようこそ
カテゴリ
会社情報
閉じる
連載 : プロデューサー道

2019/11/20

はじめまして。博報堂ケトルプロデューサーの日野です!

日野昌暢

はじめまして。博報堂ケトルでプロデューサー日野昌暢(ひのまさのぶ)と申します。福岡県出身の牡蠣が大好きな44歳です。と言っても、僕がどんな仕事をしている人なのかわからないはず。「どんな仕事をしているんですか」と本当によく聞かれるんです。毎週、誰かに必ず聞かれます。そんな時は、手短だと「なんでもやりますよ!」と答えます。

ちゃんと説明するならば、ケトルのコンセプト“手口ニュートラル”の説明を避けては通れません。ケトルは、広告といえばテレビ、ラジオ、新聞、雑誌だった過去の枠組みにとらわれず、課題解決のためなら、あらゆるコミュニケーションの手口をゼロベースで発想する会社として作られました(なんか、かっこいい!)。でも、既存の枠組みにとらわれないので、ケトルのディレクターと企画を進めていると「そんなことどうやったら実現できるの?」という場面によく遭遇します。それをなんとかするのも僕の仕事のうちの一つです。でも、それだけでもない。

やっぱりよくわかりませんね。
いつまでたっても上手に説明できません。

ということで、この「プロデューサー道」では、博報堂ケトルのプロデューサーである私、日野昌暢の日々を綴ることで、僕が何を考え、何をやっているかを上手に説明できるようになるための連載です。そしてディレクター優位の広告業界におけるプロデューサーのプレゼンス向上を目指します。笑。フレー!フレー!プロデューサー!ということで、いろんなプロデューサーの方々との対談もやりたいと思っています。お楽しみに!

日野昌暢
1975年福岡県生まれ。2000年博報堂入社。営業職として14年間、飲料、食品、トイレタリー、通信など、様々な得意先を歴任後、2014年よりケトル加入。「預かったご予算を着実な効果にしてお戻しする」という強い想いとともに、商品開発、店頭プロモーションから、PR、マスメディアにわたる幅広い経験を活かした統合プロデュースを手がける。支社勤務経験もあるため、ローカルプロモーションを得意とする通称”ローカルおじさん”。受賞歴に、ACC TOKYO CREATIVE AWARD グランプリ、Spikes Asia ゴールド、カンヌライオンズ ブロンズ、ADFEST ゴールドなど。
  • SHARE THIS PAGE